MONO-COTO INNOVATION 大学生部門

MONO-COTO INNOVATION 大学生部門は、
提示されたテーマについて新しいモノ・コトを生み出す力を
大学生が競い合うコンテストです。
予選は個人で競い合い、予選を通過した150名が本選に進出します。
本選は予選を勝ち抜いた学生が3人1組でチームを組んで競い合います。
本選では、メンターと呼ばれる専門家から
サポートを受けられる機会を設けています。

プログラムの特徴

高いレベルで創造力を競い合う舞台

予選は要件を満たす学生であれば誰もが参加できますが、
本選は個人で取り組む予選を勝ち抜いた学生のみが参加します。
本選進出者は高いレベルで競い合うことを通じて
創造力をさらに高めることができます。

異なる専門性を持つ学生で構成するチーム

本選では運営事務局が編成した3人1組のチームで競い合います。
それぞれの強みを出し合いながら、
モノ・コトづくりに取り組むことができます。

プロトタイピングによる価値検証

アイデアを考えて終わりではなく、
プロトタイプをつくってためすことを重視します。
審査項目の1つに「問題・アイデアの確からしさ」を設け、
プロトタイプやテストを通じてアイデアの価値を
確かめられているかについても
審査します。

開催概要

●参加費
無料
*決勝をリアル開催する場合は、遠方参加者に対して交通費・宿泊費として最大3万円を支給します。
*遠方参加者の定義:自宅最寄り駅から決勝会場最寄り駅まで、在来線で片道3時間以上かかる方
●エントリー資格
・1996年4月1日〜2003年3月31日の間に生まれた大学・大学院・短大・高専・専門学校に所属の学生(個人応募)
・予選Day1・Day2、本選Day1・Day2、決勝に全日参加できること
・ネットに繋がったパソコン、またはタブレット+外付けキーボードが準備できる方
●エントリー期間
2021年10月30日(土) 〜 2021年11月28日(日)17:00
★優勝賞金
200万円

プログラムの流れ

エントリー
/ 2021年10月30日(土)~2021年11月28日(日)

予選
/ 2021年12月11日(土)~2021年12月19日(日)

●参加者:エントリー者全員
●テーマ:予選Day1で発表
●プログラム内容
 ○Day1:2021年12月11日(土)10:00-17:00@オンライン
 ・デザイン思考レクチャー
 ・デザイン思考体験ワーク(グループワーク)
 ・予選テーマ説明
 ○Day2:2021年12月12日(日)10:00-17:00@オンライン
 ・予選アイデア検討(個人ワーク)
 ○予選アイデア提出〆切:2021年12月19日(日)17:00
 ・Day2終了後は、各自で予選アイデアの検討に取り組みます。
 ・上記〆切までに予選審査用の資料を提出した方が予選審査の対象となります。
 ○予選審査
 ・期日までに予選審査用資料を提出していただきます。
 ・提出された資料をもとにCURIO SCHOOLが審査を行い、本選進出者150名を選出します。

予選審査結果通知(予定)
/ 2021年12月27日(月)

本選
/ 2022年2月14日(月)~2022年2月25日(金)

●参加者:本選進出者150名
 *本選では、運営事務局が専門性や予選結果をもとに総合的に勘案し、3人1組のチームを組成します。
●テーマ:本選Day1で発表
●プログラム内容
 ○Day1:2022年2月14日(月)10:00-17:00@オンライン
 ・チームビルディング
 ・本選テーマ説明
 ・本選アイデア検討(グループワーク)
 ・懇親会
 ○Day2:2022年2月18日(金)10:00-17:00@オンライン
 ・メンタリング
 ・本選アイデア検討(グループワーク)
 ・懇親会
 ○本選アイデア提出〆切:2022年2月25日(金)17:00
 ・Day2終了後は、各チームで本選アイデアの検討に取り組みます。
 ・上記〆切までに本選審査用のプレゼン動画を提出したチームが本選審査の対象となります。
 ○本選審査
 ・提出されたプレゼン動画をもとにCURIO SCHOOLが審査を行い、決勝に進出する上位10チームを選出します。

本選審査結果通知(予定)
/ 2022年3月2日(水)

決勝
/ 2022年3月10日(木)13:00-18:00

●プログラム内容
 ◯決勝プレゼン
 ・決勝に進出した上位10チームが本選アイデアについてプレゼンテーションを行います。
 ・決勝進出を逃した本選進出者は観覧者として参加します。
 ・新型コロナウイルス感染症の国内発生状況を鑑み、リアル開催/オンライン開催を決定します。リアル開催の場合は都内で実施予定です。
 ・外部審査員による審査を行い、優勝チームを選出します。
 ・優勝チームには優勝賞金として200万円から源泉徴収した金額を贈呈します。
 ◯振り返り
 ◯懇親会

審査の観点

1
問題・アイデア
のユニークさ
2
問題・アイデア
の確からしさ
3
社会的
インパクト

審査員

武蔵野美術大学造形構想学部学部長/クリエイティブイノベーション学科教授

井口 博美

武蔵野美術大学卒。日本デザイン振興会、イードを経て、2005年本学デザイン情報学科教授に就任。2012年東京ミッドタウンに「デザイン・ラウンジ」を創設し、ディレクターを兼務。2019年「市ヶ谷キャンバス」をベースに新学部・大学院とソーシャルクリエイティブ研究所を立ち上げ、2021年より造形構想学部長。アートとデザインを両輪とする美大の強みを活かし、未来や社会的課題に対して共創型産官学プロジェクト等によって社会実験・実装を展開中。

セイキデザインスタジオ 代表/プロダクトデザイナー

石井 聖己

京都を拠点に活動しており、国内外の様々なクライアントと協働し、戦略開発からアウトプットまで一貫してサポートしています。表面化している課題の解決だけでなく、将来に渡る本質的な課題解決や持続可能な価値創造の実現を目指しています。また、アイデアの源泉として日々の生活における無意識な感情や衝動をきっかけに、素材のもつ表情を大切にし、シンプルな造形にこだわりデザインしています。iF DESIGN AWARD, Good Design Award GOOD DESIGN BEST 100, ほぼ日作品大賞 銀賞, James Dyson Award 国内最優秀賞, MUJI AWARD 04 入選, その他受賞多数。

株式会社iSGSインベストメントワークス 取締役・代表パートナー

佐藤 真希子

2000年に株式会社サイバーエージェント入社。インターネット広告事業本部にて営業とマネジメント、子会社の新規事業の立ち上げを経て、2006年より株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(現:サイバーエージェント・キャピタル)にて、国内のシード・アーリーステージのベンチャー企業を対象とした投資事業に従事。2016年6月に株式会社iSGSインベストメントワークスを設立、取締役 代表パートナーに就任(独立系ベンチャーキャピタルにおける日本初の女性パートナー)。文部科学省 次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)推進委員、経済産業省J-Startup選定委員、城南信用金庫 評議委員などをつとめる。

株式会社CARTA HOLDINGS 取締役CFO

永岡 英則

1996年一橋大学商学部を卒業後、(株)コーポレイトディレクションを経て、2000年5月に(株)アクシブドットコム(現 (株)CARTA HOLDINGS)に入社。同年取締役CFOに就任。2001年の(株)サイバーエージェントの資本参加、2012年の同社からのMBO、2014年の東証マザース上場、2015年の東証第一部への市場変更と、資本政策全般をCFOとして担い実現に導く。2011年には、(株)ECナビベンチャーズ(現 (株)VOYAGE VENTURES)を設立し、代表取締役に就任。未上場のインターネット関連ベンチャー企業への事業拡大支援や投資などを行っている。2019年のCCIとVOYAGE GROUPの経営統合に伴い、(株)CARTA HOLDINGSの取締役CFOに就任。

Coming soon...

メンター

IDEO Interaction Design Lead

油木田 大祐

遊び心のあるユーザーエクスペリエンス、「つくる」ことを通じて人のクリエイティビティを解き放つことに情熱を注ぐ。東京のデジタルデザインスタジオ dot by dot勤務を経てIDEOに入社。慶應義塾大学でコンピューターサイエンスにて学士、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科にて修士を取得。また、米国ニューヨークのプラット・インスティテュート、英国ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)にて、グローバル・イノベーション・デザイン(GID)プログラム修了。

IDEO Senior Visual Communications Designer

横田 未緖

IDEOのシニアコミュニケーションデザイナー。多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業後、グラフィックデザイナーとして音楽・映画業界で印刷やタイポグラフィの見識を深める。その後、渡英しセントラルセントマーチンズにてMA Communication Designを取得。研究テーマは言語を通した社会形成、アーティストブックやコンクリートポエトリーなど。2017年に帰国し、2018年IDEOに入社。

kaimen Strategic Prototyping and Development 代表/プロトタイピング研究家

長﨑 陸

1986年 徳島県出身。京都工芸繊維大学大学院 デザイン経営工学専攻修了(工学修士)
Aalto+Stanford IDBM/ME310 Program 2009-2010留学後GK Kyoto、KYOTO Design Labを経て現職。米国型デザイン思考方法論と英国型インクルーシブデザイン方法論の長所を掛け合わせ、プロトタイピングをビジネスの現場で精度高く運用する方法論「Jumping Fish® / Mr.CBF™」を理論化。それを基に「冷凍ゴミ箱CLEAN BOX」等様々なサービスの開発・事業化を行う。GOOD DESIGN BEST100(2019), iF Design Award(2020/2021), グッドデザイン賞(2019/2021) ABC Award(2021) 受賞ほか特許権/意匠権を複数取得。

株式会社CURIO SCHOOL つくる人

鈴木 慎介

東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修士課程修了。ニンジン光らず。新卒で入ったリクルートで情報誌やWebサイト、海外事業などに携わり、自ら企画したサービスも複数立ち上げ。MONO-COTO INNOVATION 2015にリクルートの企業メンターとして関わったことがきっかけで、リクルート退職後はCURIO SCHOOLにジョインし、いろいろつくっています。多趣味で簡潔に紹介しきれないのですが、最近は「音感を育む」iPhoneアプリを作ってリリースしたりしています。

Coming soon...

CURIO SCHOOLは、「創造力を発揮するテーマをみつける/深める」
ことを目的としたコミュニティ「CONNECT」を運営しています。
MONO-COTO INNOVATION 大学生部門の予選を勝ち抜き、
本選に進出した学生をCONNECTに招待します。

Q &  A

モノコト応援団